おいしいご飯の炊き方

本当にお米をおいしく食べるなら、米や炊飯器にこだわるだけでなく、「ご飯を美味しく炊く方法」もかなり重要になります。毎日食べるご飯だからこそ、1度おいしい炊き方を覚えてしまえば一生幸せです!

美味しいご飯を炊くために必要なもの

・計量カップ:水と米の分量を正確に測るために必要

・できるだけ美味しい米

・カルキを抜いた水、軟水

炊飯に使用する水は最も手軽なのは軟水のミネラルウォーターを使用することですが、水道水を浄水器に通したり、備長炭などでカルキを抜いて使用することも推奨されます。

美味しいご飯を炊くための手順

炊飯器を使った一般的な炊き方だと、米を研ぐ、炊飯する、で終わりだったかもしれませんが、美味しくご飯を炊くためには7つの手順を踏む必要があります。

1.計量:正確に米を測る

2.洗米:米を研ぐ前にササっと2~3度かき混ぜて、水を捨てる

3.米研ぎ:水がほぼ切れた状態でボールを握っているような手の形で米を研ぐ(水を2~3回程度変えて)

4.浸水:米の分量に対応した水の分量を正確に測り、夏場は30分程度、冬場や古米を扱うときは1時間程度浸水させておく

5.炊飯:内釜の外側についている水を軽くふき取ってから炊飯器のボタンを押す

6.炊き上がり:蓋の表面や内釜にびっしりとついた水滴を拭きあげる

7.ほぐし:釜の中のご飯を十字に区切って、その4分割された場所を、天地返しの要領で底から上下を入れ替えながら、しゃもじで切るようにほぐす。ご飯をつぶさないようにほぐすこと。

水道水のカルキを抜く方法

日本の水道水は軟水が多いため、一般的には水道水を使用しても美味しいお米は炊けます。しかし水道水には水道法によってカルキを使った消毒が行われていますから、カルキ臭といわれる独特の臭いがあります。したがって、美味しいご飯を炊くためにはカルキ除去が必要となります。

水道水のカルキを抜くために手軽な方法といえばこの4種類。

・3~5分程度、水道水を沸騰させる

・半日~1日程度、水を汲み置きしておく

・浄水器を使用してカルキを抜く

・備長炭を水に半日程度浸しておく

こういった方法で水道水のカルキを抜けば、ミネラルウォーターをわざわざ購入せずとも美味しいご飯が炊けます。