岩手県北上市の紹介

岩手県北上市は岩手県の南西部にあり、北上盆地においては中央に位置します。県庁所在地の盛岡市へは約45km、仙台市へは約138km、秋田市へは約107km、東京には約490kmです。地勢は、中央部に北上盆地が広がり、東部が北上山系の丘陵地、西部には奥羽山系の山々が連なります。平野部の東端を南流する北上川と市の中央部を東流する和賀川が合流し、田園地帯を潤しています。標高は平野部で約50~200m、東部丘陵地で約200~400mです。

北上市は、人口約9万人超を擁しており、県内では盛岡市、一関市、奥州市、花巻市に次いで5番目に人口の多い市です。県南広域振興圏に位置し、双子都市である花巻市とともに北上都市圏(北上・花巻都市圏)を形成しています。

もともと典型的な農業地域でしたが、比較的早い時期から企業誘致に努め始めました。東北自動車道、東北新幹線の整備に続き、秋田県横手盆地、そして秋田港へとつながる秋田自動車道が開通すると、東北道と秋田道の結節点として、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を獲得しています。

 

(株)西部開発農産は、名前のとおり、北上市の西部に位置し、奥羽山系が圃場の彼方に見えるところにあります。

内陸性の気候ですが、日本海側の気候の影響を受けやすく積雪量も比較的多いです。1月の降雪量の平均値は125センチで、同月の盛岡市の降雪量の約1.5倍、県南の一関市の約2倍です。また、8月の平均最低気温は20.2℃と一関(20.4℃)に次いで県内全地点で2番目に高いです。

このような寒暖差の大きい気候が稲の成長に影響を与えており、良い農産物をつくる土台となる自然条件となっています。

北上市のレジャー・観光

夏油高原スキー場

初級から上級までさまざまなコースを整備するスキー場。

ゲレンデ直結の宿泊所や展望露天風呂を完備しています。

ナイター営業も行っています。

JR北上駅より車で50分、駅から無料シャトルバスあり

北上市立公園展勝地

悠然と流れる北上川の河畔にある北上展勝地は、東北有数の桜の名所として知られ、「さくらの名所100選」「みちのく三大桜名所」に数えられています。珊瑚橋から2キロにわたる桜並木の他にも、約150種の様々な桜が、展勝地公園内293haに1万本あると言われ、4月中旬ごろに咲き始めるソメイヨシノから5月上旬のカスミザクラまで美しさを競います。

JR北上駅から徒歩10分

その他にもたくさんの魅力的なスポットがありますので、是非、訪れてみてください!