大豆が育つまで

栄養価が高いのに、カロリーが低い健康食材である大豆。納豆や豆腐の原料になることから、古くから日本人の食生活には欠かせない存在になっています。大豆にはいろいろな種類があります。実は、未熟な状態で収穫したものが「枝豆」です。また、当社の味噌にはリュウホウという種類の大豆が使われていますが、そんな大豆の育つまでをご紹介します。

巨大な大豆播種機

大豆の種を播く機械は日本で1つしかないという巨大な機械を使います。写真は12条播きの大豆播種機です。世界の農業機械と施設をリードする米国のAGCO社の傘下にある農耕用トラクターの著名ブランドであるマッセイ・ファーガソン社のフラッグシップです。

大豆の種

次に大豆の種を12条の播種機に補充します。満タン状態で約10町歩(10ha)の畑に大豆の種を播くことができます。

大豆の種ってどういうものかなと覗いてみると、これが鮮やかな青色!

発芽した大豆はカラスや鳩などに餌として狙われやすいので農薬をコーティングしているとのこと。こうすることで大豆の種がカラスや鳩などに食べられないようにしているのです。

トランスフォーマー出陣!

大豆の種を補充したら、本当にトランスフォーマーみたいに12条の播種機が折り畳みはじめました。

まるでトランスフォーマーです!

いざ出陣!

見事な機械の連携作業

写真はこれから大豆の種を播く圃場でストーン・クラッシャーという機械を使って石を砕く作業です。圃場にある石を砕いて細かくすることで、播種機等の機械の破損が少なくなります。

石の多い畑地でこの作業をすれば、地面の表面に石が出てこないので機械の損傷が抑えられます。この作業は非常にゆっくりと進んでいきます。

その頃、圃場では複数の機械がうごめいていました。

この機械は土地を耕しています。

文化は「耕す」が語源ですが、文明は耕すことから始まったのですね。それにしてもでかい鍬です!

その後はこの機械が登場して、整地をしています。

この機械は肥料を撒いているようです。

土を耕す機械と肥料を撒く機械の見事な連携作業!

トランスフォーマーが来て、大豆の種を播きます。

除草剤散布しています。

1~2週間で芽吹いてきます。大豆は成長が早いですね!

6月中旬の大豆畑です。

7月下旬の大豆畑はもうこんな感じです!

8月下旬の大豆畑です。

9月中旬の大豆畑。大豆畑に小麦の種を播いています。立毛間播種(りつもうかんはしゅ)と言って、弊社の場合、二年三作あるいは三年四作(大豆―小麦ー蕎麦)を可能にする方式です。