家庭でもできるパンの簡単レシピ

一番のポイントは低温長時間冷蔵法による発酵!

「おうちパン」の代表講師、吉永麻衣子さんにレシピを作成いただきました。

吉永麻衣子さん

毎日食べるパンをシンプルな材料でおいしく、かつ簡単に作れるパンレシピを提案。日本全国・世界各国に広がる「おうちパンマスター」認定制度を立ち上げ、代表講師として活動中。著書に「冷蔵庫で作りおきパン いつでも焼きたて」「冷蔵庫で作りおきパン 切りっぱなしでカンタン」(ともに主婦の友社)、「前の日5分→朝10分で焼きたて!簡単もちもちスティックパン」「ただ材料を混ぜるだけ、発酵は冷蔵庫におまかせ!簡単もちふわドデカパン」(ともに新潮社)、「おいしい かわいい ちいさいパン」(マリン企画)などがある。

強力粉「銀河のちから」を使ったレシピ

ミニ食パン

材料(1個分)

◆おおきなボウルに、銀河のちからを200g、塩を3g、砂糖を10g

◆ちいさなボウルに、牛乳を100g、水を40g、インスタントドライイーストを3g

◆そのほかにバター(有塩・無塩どちらでもOK)を20g

 

作り方

①計量

それぞれ計量する。ちいさなボウルのイーストは水と牛乳に合わせたものの表面にぱらりと入れて1分ほど置くと溶けてくる。

②こねる

ボウルの中にイーストの溶けた仕込み水を入れて、ゴムベラでこねる。ある程度こねたら手でこねてひとまとめにする。半分に折るようにして5分ほどこねる。バターを入れてさらにこね、テカリがなくなればOK。

③発酵

冷蔵庫で8時間以上置く。※1日2回丸めなおせば3日間使用可能

④成形

生地を出してめん棒でパウンドケーキ型の幅になるように7ミリ程度の厚さに伸ばし、端から巻いて綴じ目を閉じる。綴じ目を下にしてパウンドケーキ型にそっと入れる。

⑤仕上げ発酵

40℃で30分程度(オーブンに発酵機能がなければ常温でもOK。ただし、1時間ほどかかるので見た目で判断すること。)、型から生地の頭が見えるぐらい発酵する。

⑥焼き上げ

オーブンを180℃に予熱し、生地を入れて25分。※焼温度、時間は目安です。様子をみて火を通してください。

フライパンで焼く!切りっぱなしパン&ウィンナーロール

材料(切りっぱなしパン6個、ウィンナーロール6個分)

◆おおきなボウルに、銀河のちからを200g、塩を3g、砂糖を14g

◆ちいさなボウルに、牛乳を100g、水を40g、インスタントドライイーストを2g

◆そのほかにバター(有塩・無塩どちらでもOK)を10g

 

作り方

①計量

それぞれ計量する。ちいさなボウルのイーストは水と牛乳に合わせたものの表面にぱらりと入れて1分ほど置くと溶けてくる。

②こねる

ボウルの中にイーストの溶けた仕込み水を入れて、ゴムベラでこねる。ある程度こねたら手でこねてひとまとめにする。バターを入れてさらにこね、テカリがなくなればOK。

③発酵

冷蔵庫で8時間以上置く。※1日1回丸めなおせば5日間使用可能

④成形

生地を出して半分に切り分ける。片方はお好みの形にカットしてフライパンに並べる。もう片方はひも状になるように6等分し、ウィンナーに巻き付けてフライパンに置く。

⑤焼き上げ

フライパン 蓋をして弱火で片面7分ずつ焼く。

トースター 1000Wで8分程度焼く。

魚焼きグリル 弱火で3分焼成後、アルミホイルをかぶせて5分程度焼く。

オーブンを180℃に予熱し、生地を入れて15分。※焼温度、時間は目安です。様子をみて火を通してください。