1次産業は国の基盤!西部開発農産の想い

 日本の農業人口は減少を続け、離農者が加速化、農地を手放す農家が今も後を絶たないです。私たちの地域である、岩手県北上市も例外ではありません。株式会社西部開発農産は1986年に設立された農業生産法人で、日本有数の穀物地帯のひとつ、岩手県の郷土の農業を守るために、日本の食を微力ながら支えるために、発足しました。

 

 西部開発農産は、離農者が手放す農地をできるだけ引き受け、郷土の農地を守り続けてきました。耕作農家を支える活動や農業を志す人たちを受け入れ育成する活動も行ってきました。耕作面積が増えていくにしたがって、大規模農業の手法を取り入れ、JGAP認証取得にいち早く取り組み、品質管理を行い、安心安全な食糧を安定的に供給することに努めてきました。耕作面積が増えても農業所得が増えない問題に対しては、農畜産物に付加価値を目指して、6次産業化に早くから取り組んできました。

 

「食」は、人間が生きていくうえで欠かせないもので、私たちはその「食」を生産していることに自信と誇りをもち、安心できる農産物の生産に励み、食料供給に努めています。同時に「食」は人々に喜びや感動を与えるものでもあります。これからは日本だけでなく世界に目を向けて日本食を応援し、日本の食を通して日本だけでなく世界中の人々の生活をよりよいものにし、喜びや感動を与えられるよう当社も一翼を担い、成長していきたいと考えています。

 

 奥羽山脈の清らかな水、澄んだ空気と寒暖差のある気候など岩手県北上市の素晴らしい環境が育んだ、安心安全な農畜産物を私たちは作っています。毎日の食生活を大切にしている人々に、私たちの農畜産物やその6次産業化商品を提供し、喜びや感動を与えられるような会社になりたいと思っています。

 それが、私たちの目指す姿であり皆様への約束です。

基本理念

"Earth to Table" これは私たちが目指す姿をあらわしたコンセプト。

お客様に大地から食卓まで安心安全な農畜産物を届けたいとの想いを表現しました。

それを実現するのが、まもる、ささえる、つくる、そだてるの4つの約束です。

まもる

私たちは郷土の農地を守ります

ささえる

私たちは耕作農家を支えます

つくる

私たちは安全な食糧を安定的に供給します

そだてる

私たちは人材を育てます


西部開発農産は社会の公器として法を遵守し、地域社会の発展、繁栄に寄与します。

  1. 地球環境の持続可能性の追求
  2. 労働安全・衛生
  3. 人権・コンプライアンス
  4. 雇用創出・地域社会への貢献
  5. 品質・農場管理の継続的改善
  6. 取引先への配慮

上記を重点的に取り組むことで、地域社会やステークホルダーとの信頼関係の構築や企業価値の向上へつなげていきます。

良い農産物は良い農場から

JGAPは、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法のひとつです。

第三者機関の審査により、JGAPが正しく導入されていることが確認された農場には、JGAP認証が与えられます。西部開発農産の農場もJGAP認証が与えられました。適切に管理されている農場だから、安心安全な農産物を提供することができます。

JGAP認証農場は、消費者の皆さまにとっても、農産物のバイヤーの皆さまにとっても、安心して購入・取引できる農場です。良い農産物選びは、良い農場選びから始めましょう。


せいぶ農産ブログ

www.seibu-kaihatsu.com Blog Feed

ドリンク半額デー!
>> 続きを読む

夏ギフトのご案内
>> 続きを読む

ポイント2倍デー
>> 続きを読む

Facebook

YouTube

直営店

公式ネットショップ