日本の農業人口は減少を続け、農地を手放す農家が今も後を絶たないです。私たちの地域である、岩手県北上市も例外ではありません。株式会社西部開発農産は1986年に設立された農業生産法人で、日本有数の穀物地帯のひとつ、岩手県の郷土の農業を守るために、日本の食を微力ながら支えるために、発足しました。西部開発農産は、離農者が手放す農地をできるだけ引き受け、郷土の農地を守り続けてきました。そして耕作農家を支える活動や農業を志す人たちを受け入れ育成する活動も行ってきました。耕作面積が増えていくにしたがって、大規模農業の手法を取り入れ、品質管理に努め、安心安全な食糧を安定的に供給することに努めてきました。耕作面積が増えても農業所得が増えない問題に対して農畜産物の付加価値化、6次産業化にも早くから取り組んできました。そして今、日本の人口減少や食料自給率の低迷に伴い、国内食糧需要の減少、貿易の自由化という問題に直面しています。こうした様々な問題に直面するたび「もう日本の農業はだめだ」と思ったときに、いつも自らを励まし「頑張ろう」と活力をくれたのが「食は人が生きていくうえで欠かせないもの」ということです。同時に食は人々に喜びや感動を与えるものでもあります。世界に目を向けると信じられないことですが、まだまだ飢餓に苦しむ国や地域があります。そして世界の人口は増え続けています。日本を訪れる外国人が日本食に感動し、世界で日本食レストランが増えています。だからこそ、これからは日本だけでなく世界に目を向けて日本食を応援し、日本の食を通して世界の人々に喜びや感動を与えられるよう当社も一翼を担い、成長していきたいと思っています。これまで日本の農業がうまくゆかないのは、政治や人、環境のせいだと思っていました。しかし、実は一番の悪は自らに甘い自分自身だということに気づきました。今後は農業という仕事に私たちは自信と誇りを持ち、挫折や困難も乗り越えて世界中の人々に喜びや感動を与えられるような会社になりたいと思っています。

基本理念

"Earth to Table" これは私たちが目指す姿をあらわしたコンセプト。

お客様に大地から食卓まで安心を届けたいとの想いを表現しました。

それを実現するのが、まもる、ささえる、つくる、そだてるの4つの約束です。

まもる

私たちは郷土の農地を守ります

ささえる

私たちは耕作農家を支えます

つくる

私たちは安全な食糧を安定的に供給します

そだてる

私たちは人材を育てます


西部開発農産は社会の公器として法を遵守し、地域社会の発展、繁栄に寄与します。

  1. 地球環境の持続可能性の追求
  2. 労働安全・衛生
  3. 人権・コンプライアンス
  4. 雇用創出・地域社会への貢献
  5. 品質・農場管理の継続的改善
  6. 取引先への配慮

上記を重点的に取り組むことで、地域社会やステークホルダーとの信頼関係の構築や企業価値の向上へつなげていきます。

良い農産物は良い農場から

良い農産物は良い農場から作られます。株式会社西部開発農産は農業生産工程管理の国内認証であるJGAPを2017年3月に取得、その国際認証であるASIAGAPを同年12月に取得しました。

安心安全な農産物を環境に優しい方法で生産する圃場に与えられる、これらの認証は国内だけではなく、世界に通じる認証であり、取引先からも高く評価されています。JGAPは、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる日本発の認証制度です。ASIAGAPは日本GAP協会がGFSI(国際食品安全イニシアティブ)承認の国際規格として展開するスキームです。アジア共通のGAPのプラットフォームとして位置づけ、2017年8月よりASIAGAPとして運用開始されています。

 >農業認証|グローバルGAP認証とは?JGAP・ASIAGAPとの違いは?

せいぶ農産ブログ

www.seibu-kaihatsu.com Blog Feed

無人ヘリコプター
>> 続きを読む

いわて食の商談会in名古屋
>> 続きを読む

小麦の収穫
>> 続きを読む

新着情報





2018年12月22日 年末年始のお知らせ






2018年8月9日  夏季休業について



2018年8月1日  公式ネットショップを開店しました!




2018年4月26日 ホームページをリニューアルしました。


Facebook

YouTube

直営店